時間をかけて話し合うことで素敵な注文住宅が完成する

女性
  1. ホーム
  2. くつろぎのある生活

くつろぎのある生活

インテリア

設計上の工夫

阪和線の沿線では開放感のある明るい住宅が人気です。そのため阪和線沿線の戸建ては、窓を大きく取る工夫をしたり、住宅内に吹き抜けを設けたりするプランが好評です。窓はプライバシーに配慮しながら、適切な位置に適切な大きさで配置することが基本です。阪和線沿線の住宅設計は、宅地が面している道路状況に応じて、窓の配置を工夫しています。吹き抜けについては、住宅内に適切な光が取り入れられるよう設計し、空気の流れも考慮して空間づくりを行います。吹き抜けは、うまく設計すれば住宅の利便性を高め、快適さを向上させるアイテムとなります。阪和線沿線では吹き抜けに庇をつけたり、植栽を工夫したりして、自然が感じられる憩いの空間を演出しており、住む人にも好評です。

利便性の高さがポイント

天気の良い日に外で食事をとることができるウッドデッキは、阪和線沿線でも設置する戸建てが増えています。安心できる子供の遊び場としても利用できるほか、工夫次第で様々な使い道ができるので、小さな子供のいる家庭でも人気になっています。ウッドデッキの上にも植物の鉢植えを置くと、庭の樹木と一体感を醸し出し、より一層緑を愉しむことができます。阪和線沿線の戸建ては、駐車スペースもしっかりと確保されているので、車をよく利用する方も安心です。車が2台駐車できる戸建ても数多くあるので、業者に相談してみると良いでしょう。設計の工夫として、雨に濡れずに車の乗り降りが可能な物件もあります。買い物で大きな荷物があっても、楽に室内に運べます。